HOME>レポート>新築アパート投資で安定収入を得るためのノウハウ

新築アパート投資で安定収入を得るためのノウハウ

女性

土地がなくても始められる

さしあたって使う予定のない土地を所有していると、不動産会社や銀行に新築アパート投資を勧められることがよくあります。土地活用や相続税対策としても効果的な新築アパート投資ですが、土地を持っていなくても始めることは可能です。アパートの入居率は立地条件に大きく影響されますが、もともと土地を持っていなければ好きな場所を選べるため、かえって収益率が高くなる場合もあります。新築アパート投資には、すでに建っている物件を購入する方法と、更地に新しい物件を建築する方法があります。前者は時間や手間がかからず、建物もしっかりと確認してから購入できる点がメリットです。後者の場合は自分の好きなように設計できるという長所があります。

マンション

新築物件のメリット

新築アパート投資は中古物件に比べて、入居者が集まりやすいことが大きなメリットのひとつです。同じエリアであれば、入居者の人気は必然的に新築物件に集まります。また自由に設計できる新築アパートは、設備や外観を差別化しやすく、アピール力を高めることが可能です。設備の老朽化した中古物件はメンテナンス費用がかかり、予想外の出費を強いられることがあります。新築アパート投資は修繕費が少なく予想が立てやすいため、安定した経営が期待できます。さらに銀行融資を受けやすいことも、新築アパート投資ならではの利点と言えます。担保価値が高く不確定要素の少ない新築アパートであれば、法定耐用年数以上の長期にわたって融資を受けられる場合もあります。

広告募集中